2013年2月27日水曜日

鍵を無くす女

「自転車の鍵をなくしたので乗れない」と話す私に、ほぼすべての人が「スペアキーがあるでしょ?」との返答をくださることには驚きを隠せません。

スペアキーを管理出来る能力があればそもそも鍵もなくさないと思いませんか。

いや、私が悪い。

私以上にトッキーは鍵の管理がアレで、年に一回は必ず家の鍵をなくして外壁からマンションによじのぼろうとして通報されたりしています。

そんなトッキーに会うと必ずえらそうな態度を取ってしまう私ですが、心の中では仲間だと思っています。心の中ではいつも彼を励ましていますが同時に自分を励ましているのです。











2013年2月22日金曜日

湯気部屋のカーテンを作る(下)

つづきです。
(わびしい湯気部屋に元シーツを再利用した
ダブルガーゼのカーテンを作って垂らす計画!)
この計画自体わびしいという声も聞こえてきますが


最初に作った上部のパーツに、二枚折りしたシーツを挟み込みます。


しつけもしました。結構分厚い。

はっとここで気付いたのです。

(切ってからいれればよかった…)

隠れている部分の布がもったいない!!!

いや、いつでもパーツを取り外したらシーツに戻せる!切ったら復元できないではないか!と自分を納得させ、ミシンをかけます。(←びんぼくさー)


ジャーン。

できました。(登場頻度の高い座布団です)



  うぬ!!!
いい感じです!!!


無理矢理 風を起こしてみました。

CEO 喜びの表情。

(怪訝に思ってるだけですか?)



まーいいんじゃない。





湯気部屋が、「優しい取調室」に変身しました!!!!!


 ここでいろんなものを生み出していけたらと、願っております。




2013年2月20日水曜日

湯気部屋のカーテンを作る(上)

えー、引っ越して来てからカーテンを一度もまともにつけていない湯気部屋であります。(ちょろっと布が垂れ下がっているのみ)

とりあえず、この窓をなんとかすることにしました。
刑務所みたいですから。

(ちなみに湯気部屋自体も取調室みたいです…)


このわびしい感じをまず変えようと思います。


★この部屋は通路に面しているので出窓に格子つき




さて。このぶら下がっている布を洗って、一部を切り取ります。














ぬ。


作業を始めると必ず見回りにくるCEOです。



縫い目をほどきます。

この布も以前カーテンとして使っていたもよう。(もちろん私が作った)
いつどの部屋で・・・
引っ越し回数が多すぎて、もはやいつのことだかわかりません。



接着芯を貼っています。(アイロン台がないので座布団を代用)



ミシンでかがってまたアイロンをかけ、出来上がりました。
これを、カーテンの上部に貼り合わせる予定です。



続きまして、本体です。
これは、ガーゼ素材のシーツです。

(手縫いでまわりを縫ってあります。
だれがこんな暇なことを…

もちろんいつかの私です)





大きすぎるので、二枚に折ってそのまま使います。

風にたなびくやわらか二重ガーゼカーテン…




夢広がります!!!!



    ↑
  完成予定図。

            つづく。


2013年2月18日月曜日

ことりさんとぴらにやさん


湯気新聞に原稿を寄せてくれてたエレコさん。
今は、刺繍の小物制作などをやっておられます。

最初は「えっ!?エレコさんがっ??」と、びっくりしましたが(失礼)、ご本人は、手先がとっても器用で、維新派で美術の担当もされてたので、刺繍もとってもうまいのでした。

そんなエレコさんに、どどーんとお願いごとをしました。
ふひひ。


これでっす!!!



森元さんの漫画「少年友情物語 窓辺のK君 『蒼い鳥』」に出て来る「おチューさん」と、テレビです。
いいでしょう!!!!


かわゆい!!
シンプルながら、うまい!!ありがとうございます!!

   :::::::::::::::::::::::::::

さてこれが、どうなるかはお楽しみです。


 
   :::::::::::::::::::::::::::

ところで2/22に、森元さんの紙芝居イベントが「ぴらにやカフェ」で行われるようです!!

2月22日(金曜)
ぴらにや最終公演「ぴらにやの日」(19時スタート)
紙芝居実演・映画上映 入場料1000円(ドリンク別)


   :::::::::::::::::::::::::::


今こうしているときも使っているぴらにやカフェのマグカップ。
ハードユーズで渋つきです。

パイがおいしい、イケメン店主さんの乙女テイストがふんだんのすごくいいお店です。
期間中是非おたずねください。






2013年2月15日金曜日

如月三姉妹


かくれんぼ。


「おねえちゃーん」「おねえちゃーん」


「フフフ・・・」








(誰からも見つけられない・・たまに独りになるのって楽しいわ)




  「もー2人だけでお寿司でも食べに行こッ」       


                      (えっ)


2013年2月5日火曜日

立春を過ぎて


六郎は今黙祷を捧げている。


過ぎ去った暖かい思い出に。


あんなときや



                 あんなときにも。


         





意味もなく落ち込んだこともあった。


ただまどろんでいた昼下がりもあった。






          いつもそっと 包み込んでくれた ぬくもりよ。

                 ありがとう。




        ・・・・・さようなら。こたつ。
           


                       また来年。





*あまりに日々の生活が乱れてしまうため早々にこたつを撤去しました。
これで人間に戻れます…