2013年6月4日火曜日

まとりょーの街角

昨晩谷九で信号を待っていたら、「コンバンワー」と、にこにこと寄って来る人が。
森元さん…!

…じゃなくて、ウクライナの若い人でした。

道を尋ねられたのかと思いきや、
「ワタシは、日本が大好きです」と、自己紹介。

こちらが要求したわけでもないのに抱えていたピンクの小さいトランク(20センチくらい)を見せてくれました。
トランクには「パナソニック」のシールと、青年が日本のファミリーに囲まれている写真がコラージュされています。
おもむろに、ぱかっと開けられましたら…
なんと、マトリョーシカがたくさんいたのです…!!

おおっ

つい、凝視し、手に取ってしまう、(大阪には住んでいるが)純朴さが抜けない私。

あいつもいました…!!!!!

チェブラーシカ!!!

ぬぬぬ…!!!足下見るわね。

「まあ…これを私に?」って、いただいたら良かったんですが、純朴なので「これはおいくらですか?」と聞いてしまう私。


「ヨンセンエンデース」とウクライナー。

高いよっ!!

3500円まで負けると言ってくれましたが(こちらからは値切りトークはしていない)
結果、「いやーあかんわ。他の人にお勧めしたらどう?ほら、あっちにも人が来たで。がんばりや」と、大阪で培ったおばちゃんの口上を述べて、その場を去ってしまいました。(冷麺館に寄り道したかったので急いでいた)

怪しかったけど、いいもの見た気もしたり。

*小学校の帰り道、あやしいおばあさんが小さいトランク持って、消しゴムを売っていたなあ。いませんでした?

*私がチェブラーシカに反応したのを見て「チェブラーシカはロシアのミッキーマウスです♪」って言っていた。そんなにアメリカに阿ねらなくてもいいのに。