2013年9月24日火曜日

本作り2 スキャン

本作りは去年中途半端なところまで進めて放置、そして今年になってまた始めた状態です。

森元さんから、ある程度の量の原稿を預かっていたのですが、1冊分には少し足りなくて、あとから原稿をまた借りましたので、その分を今回新たにスキャンしました。

去年途中までしていた作業+今年になって増えた原稿分の作業を同時に進めています。

この、スキャン作業が、実は私は大の苦手でして。
苦手というか、やりたくないというか、逃げたい作業でした。
森元さんの、世界にひとつしかない大事な原稿を扱ってると、切なくなってくるのです。
(ファイリングは楽しかった。なぜなら「仕舞う」作業だから。取り出してコンピュータに読み込むのは、子どもの宝箱を押し入れから見つけ出して道ばたにずらずら並べるような作業です)

そうも言ってられず、なんとかこなしましたが。

スキャン→フォトショップで加工→レイアウトして二値化(データを黒と白だけにする)という作業で前回は進めていたのですが、今回は、全部スキャンし終わってから二値化、レイアウトすることにしました。

が、すべてをスキャンし終わったあとで、解像度問題が出て来ました。

森元さんの原稿はコマ数が小さく、また、ものすごく緻密な出来上がりです。
当初の、スキャン→処理→保存する方法(解像度の値)では画像が粗くなることがわかったのです。
oh…

紙に印刷したらそこまでの差はないかもしれませんが、全部やり直すことにしました。
(ここでへこたれて1週間くらい作業をさぼる)

学校とかに行っていたらこのあたりのことがもうちょっと予測できてたんだろうか。
いや、途中からでも、考えてわかってよかった。ゆっくりがんばりまーす。



(前回スキャンした日付は2012年…)


2013年9月15日日曜日

鳴子


七月の東北旅行の写真、せっかくなのでアップします。


 鳴子!

この地を、谷内六郎さんが好きだったことを、宿に来て初めて知りました。

いろんなところに灯籠があって、うれしくていっぱい写真撮りました。



こんな細い道を通り抜けると、温泉、温泉。
灯籠があちこちに。
(きりん。見えます?クリックすると画像が大きくなります)


うちの猫の名前も「六郎」なので、あちこちにろくの字があると懐かしく思いました。
(ちなみに、猫の名の由来は父の古い友の「五郎」さんから来てますが…谷内さんのことも好きなので頭の中にありました)




いかにも、いかにも、谷内六郎。

亅しっぽ。


夜は、外湯の「滝の湯」へ。


宿への帰り道。




冬も来たいなあ。



宿の窓から。

フロントにいたこけしさん。


2013年9月13日金曜日

本作り 1 原稿整理


今私はモリモトさんの生原稿を、どっさり預かっています。
(パソコン原稿に移行する前なので、きっちり100%仕上がっているものです!!)

大事に扱わないといけません。
火事にならないようにしないといけません。

で、クリアーフォルダの大きいのと、体育の先生が持ってる出席簿の表紙みたいなんをそろえました。

錐で穴をあけて紐を通します。
この黒い紐が好きです。




 出し入れが出来て便利です。
我ながらいい案です。



はー、つかれた。




メッセージが書いてある。(「ぴあ」社の誰かに向けてだと思われます)




おまけ。今日の花。カーネーションはしゃんとしているところとルーズなところが混ざっていて、「いい女」ですね。