2014年1月30日木曜日

漫画展

今日、薔薇をいただきました。
うちに飾った花は今後スケッチしようと決意したばかりですが、やはり薔薇は難しくて、うまく描けず、難渋してます。
描けたらアップしますね。

それから、家族が来たのでこたつを再度出しました。
一時的のつもりが、仕舞えず、まんまと、また囚われております。
うつらうつらしながら、猫にふくらはぎを噛まれてハッとしながら、これを書いています。薔薇はいい薫り。

**************
知り合いの方が出展しているので見に行って来ました。

茶屋町画廊 
漫画展
( 漫画展 / グループ展 )
2014/1/30(Thu) ~ 2/4 (Tue)


みなさんうまいなあ。

オープニングパーティーだったので、まんまとビールを飲ませていただきました。



帰って来てこたつに入ってうつらうつらしながら、猫にふくらはぎを噛まれてハッとしながら、これを書いています。

え、さっき聞いた?




明日は会社の送別会です。
飲み過ぎとこたつに気を付けないと。
薔薇にも再度チャレンジします。


ゴミ箱の勝男は薔薇の薫りはわかるかい。


おやすみなさい。







2014年1月29日水曜日

長くゆるく

湯気新聞が出た。
ある程度配った。
頼まれていたDMを作った。
出来上がった。
別のポストカードを作った。
出来上がった。

そろそろ本のやりかけ作業を始めねばなりません。
森元さんを何度でもせっついて、書き下ろしを描いていただく。

私も、めげずに、編集のつづきから始める。
つづきから始めるのは、最初から通しで始めるより、何か、後ろめたく、億劫であり、懐かしくもあり。
何でいつも止まってしまうのだろう。
何で他のことにいつも逃げてしまうのだろう。
でもまた春も来るし、見守ってください。








師匠のライブ

枕びん #3

大阪市北区芝田町1-15-8 2階 「ほなな


¥2000+別途1ドリンク¥500
2/1 18:30オープン、19:00スタート
花村容寛(ハーモニカ)
尾中康雄(ヴァイオリン)
春本徹志(アコースティックギター)

お時間あるひとはぜひー!私も行きます。

********
「盛るより磨け」という言葉をくれた、花村先生のハーモニカ。
「休符」がたくさんの、「ない」ところも鳴っているような音楽です。

枕びんは、初めてライブに行くので楽しみです。

2014年1月28日火曜日

滋味 


ところで、今日は…


友人(元同僚であり、十年来、うちの猫と共に、憧れている人)が今月末に岡本でお店を開くので、オープン前の店舗に遊びに行き、お昼ごはんをごちそうになりました。



「ひなび」さんです。


近くの神社のけやき様。
すごおおおおく、かわいい一軒家でした。


こんな、ランチを出されるそうです。


まず、お白湯が出まして。
(飲み干してますが)

そして蕪のスープ。




おかずは、お野菜たっっっっぷり!です。

人参がニクいです。



 もちあわと小豆の入ったごはん。


全体的に、しっかりした歯ごたえのものばかりで、匂いのある野菜は、滋味溢れていました。

デザートもごちそうになりました。

葛の中に、ドライフルーツの甘みがぎゅっと閉じ込められていました。



はあ…
美味しゅうございました。

またこちらで紹介させていただきます。


3/22追記
ひなびさんのHPはこちら →http://hinabi.jimdo.com/


*****


それから、大阪に戻り、さそり座の友人とcaloさんでカレーを。

こちらも、真剣にしっかり食べました。
ここのカレー、ずっと食べたかったのです。

これまた美味しゅうございました。
ぽっぽぽっぽと暖まりました。

caloさんにも、湯気新聞を置いていただきました。



今回、記事を寄せて下さった長瀬くんとは、caloの石川さんが引き合わせてくださいました。
感謝!です。
caloは今年で十周年とのことです。
はあ…

皆さんすごいです。
私も(不定期であっても)続けようと思います。



石川さんがくださった、お土産のお菓子と、今回、ジャケ買い(?)したビッグイシュー。
まあ、いっつも即買いしてますが…面白いので。

ビッグイシューと加古さんの話は、長くなるのでまた今度!



皆さんも、寒い外でがんばってらっしゃるビッグイシューのおじさんを見つけたら話しかけてみてくださいね。








2014年1月27日月曜日

道ばたでバナナを渡す

今日はこれと言って何もない日でした。

なので、この間の話をします。この間の話にしても、結局どうでもいい話で恐縮ですが。
そういやどうでもいい話以外のことを書いたことないですね。
ムダなカテゴリ作ってすみません。



この間、会社に行く途中。

左の脇道から、トッキー(虚血気味の、じじむさく心優しい友人)に似たおじいさんが。
自転車でよろよろと。
ほんと、よろよろ運転してるわあ〜っ おじいさんだわね〜っと、チラっと見て…
「やっぱりおじいさんか」と再確認して。

でも、ほんとトッキーに似てたよね。

フフフ…

と、優しい気持ちで、もう一度見ておこうかしらんと、ゆっくり後ろを見やりますと…

トッキーでした。


気分が悪くて仕事早退するところでした。
中学生女子のようです。
(いや、おじいさんでもあり…)


あっためて寝んさいよ!
栄養あるもん食べんさいよ!

と、思わず私の懐からバナナが出たよ。

こんなこともあろうかと、持っててよかった。

彼ってサウスポーよ

一時は健康的になりかけていたのになあ。

今度は元気なトッキーに会いたいです。




2014年1月25日土曜日

いいおかお キャラクタコード

 

あくびのあとです。

この、「にゃーん」として、なんというのでしょう。

我ながらいい写真がとれた。

ろくちゃんが、フォトジェニックなんですかね。



ところで、iPhoneから、docomoのスマートフォンへのメールが文字化けする件がひどく、やっと動き出しました。

エンコードが違うからというのは何となく分かっていたのですが…


文字列の中にUTF−8でないものが1つでも含まれてると全体が文字化けを起こすというので…ひとまず、署名に「⌘」があったらいいと聞き、「やすみ」から「やすみ⌘」に変えました。
(コマンドと入れて変換。UTF-8なのでオッケーらしい)

これ、みんなやってる事なの?
よくわからないんですが、いやー、なんだか、四葉のクローバー?
春めいてていいですねー


⌘Q
⌘上靖。
昔の脱衣所の床の模様。
告白するときにもじもじしてそのへんに描くしるし。
あと何かに似てるなー

なんでしょう。

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘ 
うおおお目がちかちかするーーーー!!



というわけで、ドコモユーザーの皆さん、やすみ⌘をよろしく。









2014年1月24日金曜日

黒梵天さん



真面目になったミミカキーナヤスミでえ〜すっ

(濃くなってもあまり幸せそうには見えませんね。何でだろう)



*これから湯たんぽで猫用こたつをこしらえます。
人間用は仕舞いました…
今シーズンは4割くらいの勝率でした。






ミミカキーナも真面目になったし、私も明日から真人間になります。







2014年1月21日火曜日

周波数

昨日は同僚と、「7.5Hz」というラーメン屋さんに寄り道して帰りました。

遅番の帰り、しかも結構話し込んでしまい、深夜帰宅でブログが更新できませんでした…


太麺。昔ながらの中華そばです。玉子をトッピング。
塩そばもありますが、麺は細め。私は断然太麺派です。





印刷所から、ひなびさんのDMが届いていた!
この過剰包装見て!
(私に届く量はほんの10枚ほどの指定にしていたのにも関わらず、箱入り)


早速入るよ。
やっぱり入るよ。



ろくちゃんの目つきが悪いわけ。
昨日の「センター分け」の猫画像にご不満のご様子です。

『ほんとはかっこいいヨコ分けなのに』



***

このようなDMです。

(表)



 (裏)
★クリックすると拡大します。




白黒でも作りたかった。

紙に印刷されたものを見ると、また違う感じで、勉強になりました。
精進したいです。








2014年1月19日日曜日

読了クラブに入りたい

去年、15歳年下の弟に山で会いましたら、「カラマーゾフの兄弟」を読んどりました。


「お前ー!! 
3年前も読んどったろやろがー まだ読んでないのー?」


と聞いたら「暇だから読み返してる」と言うことでした…




OH
3104…
(Satoshi)




(.−_−.)いろいろごめん姉を許してくれ。



しかも、私があげたんだって。その本。

ううっっ。何度も読んでくれてありがとうよ弟よ。


村上春樹ファンなら知ってますよね。カラマーゾフの兄弟読了クラブ。

私はまだ入れない…


と、いうわけで、読んでます。


ドストエフスキー。

夏目漱石と同じで、「このひとを読みにくくしている仕組みって何だったんだ…」と、思います。


加えて、

なぜ、

弟が、

この本を、

何度も読んでいるか、

分かりかけて来ました。


(父親が同じなので)





アリョーシャは、私にとっては、永遠の憧れのひと 

ちょっと森元さんに似てる…



でもどうなるのかな?


またご報告するかもしれませんししないかもしれません。





(この後無事読了しました 2014.5)


2014年1月18日土曜日

おもちのゆくえ

昨年末は仕事も忙しく、湯気新聞の発行があったのでバタバタで、大掃除ができなかったのですが…

昨日DMの件で、ひなびさんがうちに来る事になり、早起きしてお掃除とお料理しました。

おかげで、ずっとやろうと思っていた冷蔵庫の掃除(あまりもの料理して出したの意味ではない。純粋な掃除です。(.−_−.);;)と、「正月にもらったのし餅を切り分けて冷凍する」こともできて良かったです。


ひなびさん、大根のおにぎりと、ひじきこんにゃくを持って来てくだすった。




かわいいおにぎり。
ナッツも入っていました!
美味しかったです。


落ち着きのなさの現れた、どれもこれも切れ切れの写真ですみません…


奥の、蕪と一緒に炒めてあるものは、黒豆餅です。
お正月に実家で母親といっしょにつくりました。
(私は丸めただけですが。へへへのへ)


作り方の紹介。
(最近、どこかで読んだレシピのぱくりアレンジです)


↓ ↓ ↓

けっこう大きいものを、もらいました。
デーン






*私の育った地方では15日でした。
関西の一部も15日みたいですが、一般的には11日なんですね。





 水につけてやわらかくして…






蕪と、油揚げと、ごま油で炒めます。


いためているところ。


写真より、もっとしっかり焦げ目をつけた方が美味しい。
ナンプラーをさっとかけます。

妙にお腹いっぱいになるおかずです。(.−_−.)
お試し下さいませ。





あとの黒豆餅は、砂糖醤油で食べます。
ムッフフフ。

お餅のおいしい食べ方、他にもありましたら教えてください。



2014年1月17日金曜日

左手右手、出る入る












ずっと上げてるわよ。

上げてるわねえ。

これこれ。


***


十円玉を供えてみた。

(色がこんなに違うのは時間の経過を表わしています。)




そういえば、今年はおみくじ引いていないなあ。

招き猫の、左手が上がっている方は、「ひと」を招くみたいですね。
水商売にも「吉」みたいです。
湯気カンパニーが発展しますように…!




それはそうと…

例の、「ひなび」さんのDM、無事データが完成しまして入稿しましたー
 刷り上がるまでは、どきどきです…!!
(今月末ではなくて、2/4のオープンになるそうです)

私はいつも、湯気新聞を印刷やさんに出す時、「出稿」という言葉をつかっているのですが…(編集者が、集めた原稿をまとめて印刷所に原稿を渡すのはこっちと聞いたので)
今回は、自分で作った原稿をそのまま出すので入稿?

ほんとにその使い分けで合っているのだろうか。
辞書や、 WEBの用語説明サイトによって、説明がまちまちです。
どなたか、教えてください。



*猫さんは、orioriさんで買いました。
ヤマイチアツコさんという作家さんの作品だそうです。
いつか、黒い、大きい招き猫もほしいにゃー!





2014年1月16日木曜日

しわ、あざ、おでき

こたつの上で、あくび。

虫歯に見える口の周りの黒いのは、うまれつきの模様です。
胸のぽちっと黒いところは、そこだけ違う色の毛です。
動物の、皺や、痣や、配色は、見ていてあきない。








2014年1月14日火曜日

薄氷

昨日のつづき。

コルチャック先生。

脚本のアニエスカ・ホランドのことばかり書きましたが。
実はアンジェイ・ワイダの映画は初めて観たのでした。
やっぱりナチス政権の下で翻弄される子どもたちが出て来て、辛い映画でした。
逃げ出す訳にも行かず最後まで観ました。

シネヌーヴォは混雑していました。
この映画にお客さんがたくさん入っていて、何か、ほっとしました。

今年に入って観た映画2本目です。
1本目は正月に観た(録画ですが)「男はつらいよ 寅次郎夢枕」です。

その場から全力で立ち去る愛もあり、最後まで一緒にいる愛もある。
「受け入れる」ことが大事なのではないかと、でもやっぱり一緒にいるのがいいよなあと、こたつで考えながらいつしか寝てしまいました。



(出して1日目にこたつで寝てしまう私のこと、どう思います?)

それでも風邪ひかない頑丈な女だぜ。




****


ところで!
先日、しりとりくいず(*右下特設カテゴリ参照ください)に答えてくれた第1号の方がいらっしゃいますよ。
猫に囲まれて暮らす桜源八郎さんです。
カレー好きな方です。
湯気新聞も応援してくださってありがたいです。
「源五郎日記」は、最近まとめて読ませていただきました。
作り込んであって、楽しいです。隣の部屋からカレーの匂いがほんとに漂って来そうなリアリティです。

マトリョ姉妹にもあのような立派なセットを作ってあげたいものです。
今のところ、インターフォンの受話器のそばで慎ましく暮らしていらっしゃいます。
こたつもなかなか出さないし、私はほんとにひどい同居人です…



いやー、
しかし、くいずに答えてくれた人がいて、ほんっとうに私はうれしい!!
皆様も、じゃんじゃん答えてくださいましね。

というわけで、プレゼントのポストカードを制作するとしますよ。
(今からかい!)



2014年1月13日月曜日

ワニガタ 本当は怖いハッピーエンド

昨日、彷徨していて偶然入った雑貨屋さんで「ワニのクッキー型」を買いました。


スウェーデン製、ジンジャークッキーの型だそうです。



店主さんに「ワニが好きなんですか…ムフフ」と言われ、お店のWebページの「今日のお客さま」というコーナーに載せたいとのことで写真を撮っていただきました。



(「ワニ好きのヤスミさん」として、かしこまってはいるが、何だか得意そうな顔つきの写真が本当に紹介されていた…)


クッキーを焼いて、湯気書き手の、たんたさんとこに行って来ます。
こどもたちに会えるのが楽しみです。

****

九条の、ミニシアター シネヌーヴォさんにも湯気新聞を持って行く予定です。
ちょうどポーランド映画祭開催中なので、アンジェイ・ワイダの「コルチャック先生」を観て来ます。

アニエスカ・ホランドが脚本だそうです…!知らなかった。
全部観ているわけではないですが、好きな映画監督なんです。

「秘密の花園」「オリヴィエ・オリヴィエ」が好きです。少年少女の撮り方がうまく、謎めいた感じに惹き込まれて、夢中で観ました。
一昨年の「ソハの地下水道」は、最初の森の中の描写が恐過ぎて、それに比べてラストのハッピーエンドの場面が信じられないんですよね。
ナチスの追跡を逃れて地下で生活していて、やっと戦争が終わって穴から出て来た女の子が、太陽の光を浴びて「え…夢じゃない?」と、くらくらします。

でも、「これで終わらないのよ」という含みを感じてしまう。
「ものごとの二面性」をさらりと突きつけてくる、怖い才能のある方だと思います。

そういえば「心臓を貫かれて」も撮られているんですね。
DVDで観ようと思いつつまだ観ていないですが、今年こそはー…!!
(村上訳本で原作読みましたが…絶対観るのがしんどすぎると思われる内容なのです)


ポーランド映画祭、14日は、「灰とダイヤモンド」をかけるみたいです。
あーーー
もう明日からは仕事で行けない。

しかしまあ、欲張らず、お休みを有意義に過ごそうと思います。


試し焼き。みどりのは抹茶です。 
目が怖いですね。ちょうどアラザンが残ってたのでつけたんですが、溶け出してしまいました。
これは私が食べます…
見ようによってはかわいいかなあ?








2014年1月12日日曜日

謎の花 ランドスケープ

今日は、中崎町のうてな喫茶店さんと、元町のちんき堂さん、トンカ書店さんを訪れました。
うてな喫茶店はWEBページないんですが…検索するとすぐ出ます。
大阪府大阪市北区中崎西1丁目8−23
湯気新聞を置いていただきました。

皆様お久しぶりでした…
皆様がお久しぶりなんじゃなくて、私があまりに顔を出していないんですが。

気軽に行っていたらよかったのですが、湯気を出せていないことが引け目だったのです。

しかし、お店がまだその場所にあり、人々の動きがあることがうれしく、店主さんそれぞれが元気にされていることがうれしく、ああよかったと思います。
私もがんばらないとー

海文堂書店がなくなったことを、トンカさんが「2013年の一番大きな衝撃」と仰っていたのが印象的でした。
自分の生活パターンや、街の風景が変わってしまった、と。

私も、近所の隆祥館書店がなくなったら、と考えると…

   (でも、なくならない気がする)
         に、支えられていることは大きいです。



グリーンネックレスにへんてこな花がついた。



中崎町の猫。



成人式だったんですね。
地下鉄で、チョゴリを着た女の子2人を見ました。
胸が熱くなりました。
どうか、彼女たちの成人後が祝福されたものになりますように。
来年もその次の年も、いろんな正装をした二十歳達の行き交う成人の日の風景が変わらずありますように。





2014年1月9日木曜日

焼き芋

寒いので、熱川のバナナワニ園に行った想像をして楽しんでいる三姉妹です。





今日は、焼き芋が半額でしたので、ついつい買ってしまいました。


2014年1月8日水曜日

失敗の芽

今日は、久しぶりのハモニカ教室でした。
先生は、ずっと飲んでて、年を越した実感がないそうです。





2014年1月7日火曜日

寒四郎がやって来る

湯気新聞、 谷町六丁目の手織り工房/ギャラリーショップ「oriori」さんにも置いていただきました。


ローズマリーがのびやかに生けてありました。




店主の洲崎 さんは、お母様が育てられたいろいろな植物を、飾るだけではなく、染色の材料にもされています。
店内奥は、洲崎さんが糸を紡いだり機織りをする工房になっていて、入り口部分はショップになっています。

作家さんの作品も数多く扱っておられます。
ゆっくり時間の流れる、落ち着く空間です。



ちなみにここで買いましたの。

私の財布↓



かれこれ4、5年使っている気がします…

この、革に手のアブラがしみしみになった感じが好きで、買い替え時期を逃して来ましたが、そろそろ買い替えたいです。
(多分、この写真の上に写っているこの子にする気がします…)


 今日買った筆入れ。
ハモニカ入れにします。ブルースハープは小さいので2本は入りそう。





そのあと…



春日野道「ぴらにやカフェ」へ。

やはり、湯気新聞を置いていただきましたー

お引っ越しされた方には、今回初めて行きました。




あっ この顔は…!


りうしさんの作るパイは、やはり絶品であります。




そして、しみじみ、りうしさんは、私の身近なひとの中で一番ガーリッシュな方です。
(でもオトコマエ)

「ぴらにやアワー」という動画配信をされておられるのですが…近々森元さんも出演するかも…?


*****


梅田の阪急でしぼりたての新酒をあれこれ味見して帰って来ました。

神戸は、また近いうちに行くつもりです。

しかし…神戸って、お店どうし、お客さんどうしがなんだか仲がいい気がするんだけど、気のせいだろうか。







湯気行脚はつづきます。