2015年10月24日土曜日

だってチューだもんの唄

ついに…!!!

11月1日発売

ふちがみとふなとさんの、久しぶりのアルバム!!!!
「だってチューだもん」 が発売されます!!!!!

ジャケットの絵は、森元暢之です。

ふちがみさんの、ここちよい低さのノビのある唄声、ふなとさんのウッドベースとライブで見せられるクールな返しもいいし、なによりお二人の作られる、小さな暗いところから聴こえてくるような音楽の世界が私は大好きです。

大好きな人たちが、大好きな絵とモチーフを使って作品を出してくださるこのしやわせ。


いやー、とってもいい予感!!


こちらから予約ができます♪♪♪



「チュー星人の襲来」はこちらから読めます。
(他の作品もあり)
*紙芝居バージョンと、少し違います。



ふちがみとふなとさん、ライブもとっても楽しいので、ぜひ!
今日は京都  磔磔にて
 6:00開場  7:00開演 ¥2500/2800(別)/075-351-1321
下京区富小路仏光寺下がる
 【京都編】関西初売り with ちんどん通信社@takutaku
 ふちがみとふなとwithちんどん通信社


 チュー星人のばっぢはこちらから買えますからね→

 

星が降る秋

こんばんは。

この間の、「オリオン座流星群」は見られましたか?

私たちはポットにコーヒーをいれて、難波宮を巡って大阪城までぽくぽくと歩いて行きましたが、流れ星をひとつも見つけられませんでした。
空が明るいからかなあ。
しぶといほど、じーーっとじーーーっといろんな場所を見ていましたが、ひとつも。


高校生のときに、自宅の物干し台で、いくつも流れ星を見た思い出がありますが、それから20年以上、全く、流れ星というものを見れずであります。

しかし、大阪市内でも、真剣に目を凝らすと、夜空の星がまだまだ沢山見られることに、感動しました。
自分が感心を持たなかっただけで、流星というのは、降り注いでいるのであります。

これからも、こういう時間を、持ちたいです。


そして、次の日は「講談」に行きました。
上方講談協会主催の定例講談会ということで、旭堂南舟さん、旭堂南湖さん、旭堂南左衛門さん、旭堂南北さん、4人の好男子(←このように変換されました)さんのお話をたっぷり聞くという濃い時間を持てました。

そのとき、そのときの、そのときだけの、しかし毎回完成された、プロの「はなし」を生で聞けるというのは、贅沢ですね。
せっかく大阪に住んでいるのだから、講談やお噺や、ライブや、その時々の街の息吹といいますか。もっとたくさん楽しまないと勿体ないなあと思いました。



今度映画に出られた旭堂南湖さんです。

ここをクリックすると、予告編が始まります。



講談難波戦記



東京 新宿武蔵野館 11月21日(土)よりモーニングショー!
長野 シアターシネマポイント 11月21日(土)より公開!
大阪 テアトル梅田 12月5日(土)よりモーニングショー!
京都 京都みなみ会館 12月12日(土)より公開!
兵庫 元町映画館 12月12日(土)より公開!